S&P500とNASDAQの業種別パフォーマンス

投稿日:2017年5月11日 カテゴリー:市況概況, 米国株

S&P500NASDAQは史上最高値圏で推移していますが、ふと年初来の業種別のパフォーマンスが知りたくなった為、調べました。情報技術やコンピュータ関連などの株価が年初来から好調に推移しており、S&P500とNASDAQの指数を牽引しています。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月11日

ドラギ総裁の議会証言と欧州株への資金シフト

投稿日:2017年5月10日 カテゴリー:ECB, 重要イベント・発言まとめ

オランダにてECBドラギ総裁の議会証言があり、ECBドラギ総裁の欧州経済に対する現状の見方が改めて示されました。要約すると、「ユーロ圏の景気は回復してきているとしながらも、まだ確実なものではないので、QEの出口をまだ考えるべき時期に至っていない。」とのことでした。一方で、超緩和策の政策メッセージを変更する考えを明らかにしました。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月10日

FOMC連銀総裁の発言、年内3回利上げへ

投稿日:2017年5月10日 カテゴリー:FRB・FOMC, 重要イベント・発言まとめ

前回記事(FOMCメンバーの発言、バランスシート縮小へ)に続き、FOMCメンバーである連銀総裁のコメントが出てきていますので、その整理をさせていただきます。5月のFOMC声明文では明らかでなかったFOMCメンバーの見方や考え方に注目です。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月10日

金価格が下落中、ドル円との相関関係

投稿日:2017年5月10日 カテゴリー:金・金鉱株

フランス大統領選挙の直後は目立った反応がなかった金価格が、再び下落しています。現在は1220ドルを割り込む水準まで低下しています。1220ドルより下は1200ドル付近まで目立った抵抗線がなく、価格帯別出来高をみても1205ドル-1220ドルは出来高が薄い部分でもあるので、ここは一旦静観したいと思います。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月10日

フランス大統領選挙はマクロン氏勝利、為替初動は限定的

投稿日:2017年5月8日 カテゴリー:政治・選挙, 重要イベント・発言まとめ

フランス大統領選挙は、親EC、親グローバリズムのマクロン氏が65.1%を獲得し、当選を確実にしました。英国国民投票や米国大統領選挙では期待を裏切られた世論調査ですが、今回のフランス大統領選挙では世論調査どおりの結果になりました。マクロン候補は39歳、史上最年少の大統領となります。

日本時間午前4時にオセアニア市場の為替相場がスタートしましたが、ショートカバーを巻き込みながら、ユーロが大きく上昇してスタートしました。一方で、その動きは限定的なものになっています。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月8日

ウォーレン・バフェット氏、年次総会での発言

投稿日:2017年5月7日 カテゴリー:ウォーレン・バフェット, 個別企業、業界まとめ

2017年5月6日、米国ネブラスカ州オマハでバークシャー・ハサウェイの年次総会が開催されました。約4万人もの株主がウォーレン・バフェット氏の話を聞こうと参加したようです。一方で、昨年よりバークシャー・ハサウェイの年次総会はインターネット上で見れるようになっており、今年もYahoo! Financeのライブストリームで、コーラを片手に質問に答えるウォーレン・バフェット氏を見ることができます。

年次総会でのQAセッションの内容は、Market Watchに要約されており、ニュースも数多く掲載されていますが、個人的に興味深いと思ったものを下記にメモしておきます。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月7日

VIX指数(恐怖指数)が10年ぶりの低水準

投稿日:2017年5月7日 カテゴリー:市況概況

何かと10年ぶりの水準と記しておりますが、VIX指数(恐怖指数)も10年ぶりの低水準で推移しています。米国大統領選挙時には一時20を超えたVIX指数は、5月第一週には10を割り切る水準まで低下してきています。相場のボラティリティが下がり、市場関係者が持つ相場の先行きに対する不透明感が解消されていることを表しています。

恐怖指数(きょうふしすう、英: volatility index, VIX)とは、シカゴ・オプション取引所(英語版)(CBOE)が、S&P500を対象とするオプション取引のボラティリティを元に算出、公表している指数。数値が高いほど投資家が相場の先行きに不透明感を持っているとされる。通常は10から20の間で推移する。1993年より発表されるようになった。(出典:Wikipedia)

通常は10から20の間で推移するということで異常値ではない水準のようですが、昨今の地政学リスクや政治リスクを考えると、少し市場関係者は安心しすぎているという見方もできるのかもしれません。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月7日

CFTC建玉明細、大口投機玉と商業筋の10年推移

投稿日:2017年5月7日 カテゴリー:経済指標・データセット

CFTC(米商品先物取引委員会)が毎週発表しているCOT(Commitments of Traders:建玉報告)のデータについて、大口投機玉と商業筋のネットロング10年推移を整理しました。CFTCの建玉明細の過去のデータについては、CFTCのホームページからダウンロードしました。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月7日

市況概況5月第1週、S&P500は史上最高値更新

投稿日:2017年5月7日 カテゴリー:市況概況, 週間まとめ

5月第一週の市況概況を整理します。5月第一週の主な材料は、政府機関閉鎖を回避、トランプ大統領の大手銀行分割に関する言及、アップルの決算、FOMC声明文、原油価格の急落、雇用統計の発表、フランス大統領選挙のTV討論会でした。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月7日

FOMCメンバーの発言、バランスシート縮小へ

投稿日:2017年5月6日 カテゴリー:FRB・FOMC, 重要イベント・発言まとめ

前回のFOMC(連邦公開市場委員会)後はじめて、FOMCメンバーの発言などが数多く発表されたので、整理したいと思います。5月の声明文では明らかではなかったバランスシート縮小に関する発言もありました。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月6日

4月雇用統計、失業率はリーマンショック前の水準

投稿日:2017年5月6日 カテゴリー:経済指標・データセット

2017年5月5日、4月分の雇用統計が発表されました。非農業部門雇用者数は予想を上回り、21.1万人の増加でした。失業率に至っては4.4%と、リーマンショック以前の水準まで戻ってきました。FRBの6月利上げを後押しする内容かと見られましたが、平均時給が伸び悩んだ為、米国債10年利回りや金利先物市場の利上げ織り込み確率はあまり現状は変化がありません。労働参加率は62.9%でした。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月6日

原油価格が急落、減産合意前の水準に

投稿日:2017年5月5日 カテゴリー:市況概況

原油先物相場が急落しています。5月4日のニューヨーク市場では一時43ドル台をつけた原油価格は、現在は45ドル付近を推移しています。昨年11月にOPEC(石油輸出国機構)は減産合意に至りましたが、結果として供給過剰の状態が続いていることが原因のようです。OPECは5月25日の総会で減産を延長するか否かを決定する予定です。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月5日

アップル2Q決算、iPhone販売台数伸び悩む

投稿日:2017年5月5日 カテゴリー:個別企業、業界まとめ

2017年5月2日、アップルが2Qの決算を発表しました。売上高は5.2兆円、売上総利益は2兆円、営業利益は1.4兆円、純利益は1.1兆円でした。iPhoneの販売台数減少が響き、結果として、決算の内容は市場予想に届きませんでした。そして、株価は一時的に急落しました。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月5日

FOMC声明文、第1四半期の経済成長の減速は一時的

投稿日:2017年5月4日 カテゴリー:FRB・FOMC, 重要イベント・発言まとめ

2017年5月3日、FRB(米連邦準備理事会)がFOMC(米連邦公開市場委員会)の声明文を発表しました。市場の予想通り、フェデラルファンドレートの目標範囲は0.75%-1.00%と据え置きとなりましたが、声明文の内容は利上げに楽観的なものとなり、予定通り6月に利上げされるであろうという見方が強まりました。金利先物市場は利上げを78.5%織り込んでいる状況です。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月4日
3 / 3123