ビットコインやリップルなどの仮想通貨が暴落

投稿日:2017年5月28日 カテゴリー:仮想通貨, 市況概況

バブルの様相を示していたビットコインやリップルなどの仮想通貨が、金曜日から暴落しています。一時、仮想通貨の時価総額の合計は10兆円まで達しましたが、現在は7兆円前後まで縮小しており、瞬く間に仮想通貨市場から資金が流出しました。特段売られる材料が出た訳ではないと思いますが、5月から驚異的なペースで(投機的な)資金流入が続いていたので、激しい調整が起きたといったところでしょうか。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月28日

継続する楽観相場と市場の不気味さ|市況概況5月第4週

投稿日:2017年5月27日 カテゴリー:市況概況, 週間まとめ

5月第4週の市況概況です。今週はトランプ大統領が外遊中であり、市場の政治に対する警戒感が一時的に和らぎました。5月24日に発表されたFOMC議事録で利上げペースが緩やかになる姿勢が示されたことや個別企業の決算を株式市場は好感、ダウは最高値圏、S&P500とナスダックは最高値を更新しています。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月27日

金価格上昇も、金鉱株ETFから多くの資金が流出

投稿日:2017年5月27日 カテゴリー:個別企業、業界まとめ, 金・金鉱株

金価格が上昇しています。連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録にて、近い利上げが示唆される一方で「景気減速が一過性であるという証拠を待つのが賢明」という見解が示されたことや、テロへの懸念、英国選挙リスク、コミー長官の議会証言への警戒感などにより、現物の裏付けのある金に投資資金が集まりました。近い利上げが示唆されており、FedWatchの利上げ確率は83.1%となっているにも関わらず、米国10年債利回りが2.25%と下落を続けていることも将来への先行き不透明感を表しています。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月27日

2017年にIPOしたテック系企業のまとめ

投稿日:2017年5月22日 カテゴリー:テック系, 個別企業、業界まとめ

3月2日のスナップ上場を皮切りに、2017年は時価総額1,000億円を超えるテック系企業の上場が相次ぎましたので、その企業を整理しました。スナップを除けば、エンタープライズ向けのテック系企業ばかりとなっています。全体的にIPOは非常に成功しており、営業赤字であるにもかかわらず、将来性を買われた高い株価で取引されています。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月22日

海外ETFの平均出来高ランキング

投稿日:2017年5月21日 カテゴリー:ETF, 市況概況

海外ETFでもっとも重要な指標となる出来高について、3ヶ月の平均出来高ランキングを調べましたので、整理します。ETFが株式市場の主な買い手となりつつある中、インデックス投資ブーム(バブル?)が到来しているという見方もありますので、流入量や出来高をしっかり確認していきたいと思います。

なお、平均出来高の目安ですが、個別株の3ヶ月の平均出来高ランキングのトップはバンクオブアメリカの91Mです。直近のテック系の大型IPO銘柄であるスナップは31M、時価総額世界1位のアップルは24Mです。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月21日

市況概況5月第3週、金利の長短スプレッドが縮小

投稿日:2017年5月21日 カテゴリー:市況概況, 週間まとめ

今週は世界的に大規模なサイバー攻撃から始まり、米国時間水曜日にはトランプ大統領の機密情報漏洩や国家安全保障担当のロシア疑惑をめぐるFBI長官更迭などの一連のスキャンダルによるトランプ大統領の弾劾リスクが浮上、大型減税や規制緩和などの経済政策への不安感が強まったことにより、一時ダウ平均は400ポイント下げる局面がありました。その後、株価指数は大きく戻したものの、米国債券利回りの長短スプレッド(長短金利差)は引き続き縮小傾向にあります。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月21日

S&P500とETFのセクター別ヒートマップ

投稿日:2017年5月18日 カテゴリー:市況概況, 米国株

トランプ大統領がロシア当局関係者に機密情報を漏らした問題に加え、トランプ大統領の連邦捜査介入疑惑を巡る報道が出てきました。それを受け、株式は全面安となり、ダウ平均は250ポイント近く下落しています。そこで、株式が全面安となっている中、どのような業種やセクターがどのくらい下落しているのかが気になったので調べていたのですが、ちょうどS&P500とETFのセクター別ヒートマップを発見しましたので、ご紹介させていただきます。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月18日

バイオ株ETFと今後の見通しについて

投稿日:2017年5月16日 カテゴリー:バイオ株, 個別企業、業界まとめ

今年に入ってバイオテクノロジー株は比較的好調であり、年初来で10%以上の値上がりをキープしています。下記は、バイオ株で最も有名かつ主要なETFであるiシェアーズNASDAQバイオテクノロジーETF(IBB)の株価チャートです。なお、IBBは、NASDAQバイオテクノロジーインデックス(NBI)と連動するように運用されています。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月16日

金鉱株ETFへの資金流入と金ETF保有残高

投稿日:2017年5月14日 カテゴリー:金・金鉱株

ここ3週間ほど、金鉱株ETFからの資金流出が続いていましたが、先週終盤に一転して多くの資金流入がありました。そこで、今回は金鉱株ETF(ヴァンエック・ベクトル金鉱株ETF)および金ETF(SPDRゴールド・シェア)の資金流入量と、金ETFの現物保有残高を整理したいと思います。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月14日

金鉱株の時価総額・売上高ランキング

投稿日:2017年5月14日 カテゴリー:金・金鉱株

金鉱株指数は、3月中旬の下値180ドルをサポートラインとして、上昇に転じており、現在は197ドル付近を推移しています。今年に入って、2回抵抗線として機能している200日移動線が209ドルにありますので、上値目標はまずは209ドルにしたいと思います。さて、今回は金鉱株の主要銘柄の時価総額と売上高に関する情報を大まかに整理します。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月14日

市況概況5月第2週、ボラティリティは依然として低い

投稿日:2017年5月14日 カテゴリー:市況概況, 週間まとめ

5月第2週の市況概況を整理します。VIX指数(恐怖指数)は一時25年ぶりの水準まで下がるほど、依然として低い水準で推移するなか、株価指数は総じて動意が薄く、小幅安で終えています。5月第2週の主な材料は、北朝鮮の駐英大使の核実験に対する発言、トランプ大統領がコミーFBI長官を解任、英中銀金融政策委員会(MPC)で政策金利据え置き、米週間石油在庫統計で原油在庫が大幅に減少、ドラギECB総裁の議会証言、米生産者物価指数、米小売売上高、消費者物価指数でした。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月14日

(続) FOMC連銀総裁の発言、バランスシート縮小と利上げ

投稿日:2017年5月14日 カテゴリー:FRB・FOMC

前回記事(FOMC連銀総裁の発言、年内3回利上げへ)に続き、FOMCメンバーである連銀総裁のコメントを整理させていただきます。本記事で整理するFOMCメンバーは全員投票権を持っています。総じて、今年か来年にバランスシート縮小を開始すること、利上げは行っていくものの金融政策の引き締めに急いでいないことがアナウンスされました。経済成長については、みな回復基調であることを強調しています。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月14日

ビットコインなど仮想通貨の価格高騰、値上がり倍率とその理由

投稿日:2017年5月13日 カテゴリー:仮想通貨, 市況概況

ビットコインをはじめとする仮想通貨が、軒並みその価格が急上昇しています。例えば、4月中旬あたりでは900ドルであったビットコインは、現在は1700ドル近辺で推移しています。リップルに関しては、この1ヶ月で価格が7倍になっています。まず、主要な仮想通貨の年初来の価格と直近の価格の騰落率を整理しました。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月13日

百貨店セクターが軟調、米国小売売上高も予想下回る

投稿日:2017年5月13日 カテゴリー:経済指標・データセット

百貨店セクターの決算が非常に軟調です。米国を代表する百貨店の一つであるメイシーズが5月11日に発表した決算内容は投資家の失望を買うものとなり、17.01%安となりました。同日に発表されたノードストロームの決算はまちまちでしたが、この日は百貨店セクターの株価が急落しました。5月12日に発表されたJCペニーの内容も市場予想に届きませんでした。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月13日

世界時価総額トップ20社とその年初来騰落率

投稿日:2017年5月12日 カテゴリー:市況概況, 米国株

アップルの株価は年初から33%上昇し153ドルとなり、時価総額は8,000億ドル(=約91兆円)を突破しました。米国企業の時価総額が8,000億ドル超えたのは初めてです。アップルについてはウォーレンバフェット氏が年次総会で賞賛していましたが、そのウォーレンバフェット氏がアップル株を2.7倍に買いましたことや、米国のアナリストが目標株価を202ドル(=時価総額は約120兆円)としたことにより、史上最高値を更新しました。

アップルの株価の年初来騰落率は驚くに値すべきですが、他の時価総額トップの企業がどれほど年初から上昇しているかが気になった為、米国時価総額上位20社の時価総額と年初来騰落率を整理していきたいと思います。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月12日
2 / 3123