フランス大統領選挙はマクロン氏勝利、為替初動は限定的

投稿日:2017年5月8日 カテゴリー:政治・選挙, 重要イベント・発言まとめ

フランス大統領選挙は、親EC、親グローバリズムのマクロン氏が65.1%を獲得し、当選を確実にしました。英国国民投票や米国大統領選挙では期待を裏切られた世論調査ですが、今回のフランス大統領選挙では世論調査どおりの結果になりました。マクロン候補は39歳、史上最年少の大統領となります。

日本時間午前4時にオセアニア市場の為替相場がスタートしましたが、ショートカバーを巻き込みながら、ユーロが大きく上昇してスタートしました。一方で、その動きは限定的なものになっています。

為替の初動

5月5日終値 5月8日4:20 変化率
 ドル円 112.72 112.88 0.14%
 ユーロ円 123.97 124.38 0.33%
 ポンド円 146.33 146.48 0.10%
 ユーロドル 1.0998 1.1018 0.18%
 ドルインデックス 98.53 98.50 -0.03%

4:20現在の為替レートです。

ドル円

窓が空いた瞬間はドル円も一時113円台に乗せていましたが、すぐに戻されています。

ユーロ円

ユーロ円の変化率は0.33%と市場の反応は限定的です。やはり先週の段階でマクロン氏勝利は織り込まれていたという感じでしょうか。今後は材料出尽くしで売られるリスクも検討する必要があります。

ユーロドル・ドルインデックス

ユーロドルはわずかに上昇で、1.10台に載せています。ドルインデックスはほとんど変化はありません。


重要イベント・発言まとめの関連記事

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月8日