FOMCメンバーの発言、バランスシート縮小へ

投稿日:2017年5月6日 カテゴリー:FRB・FOMC, 重要イベント・発言まとめ

前回のFOMC(連邦公開市場委員会)後はじめて、FOMCメンバーの発言などが数多く発表されたので、整理したいと思います。5月の声明文では明らかではなかったバランスシート縮小に関する発言もありました。

FOMCメンバーの一覧

本日、発言などがあったメンバーに★マークをつけています。
投票権は、2017年に投票権のあるメンバーとしています。

 氏名(敬称略)  役職 投票権 スタンス 5/5
 イエレン  議長 ハト派
 フィッシャー  副議長
 タルーロ  理事 ハト派
 ブレイナード  理事 ハト派
 パウエル  理事
 ダドリー  ニューヨーク連銀総裁 ハト派
 エバンス  シカゴ連銀総裁 ハト派
 ハーカー  フィラデルフィア連銀総裁 タカ派
 カプラン  ダラス連銀総裁
 カシュカリ  ミネアポリス連銀総裁 ハト派
 ローゼングレン  ボストン連銀総裁
 メスター  クリーブランド連銀総裁 タカ派
 ボスティック  アトランタ連銀総裁
 ブラード  セントルイス連銀総裁
 ジョージ  カンザスシティ連銀総裁 タカ派
 ウィリアムズ  サンフランシスコ連銀総裁

FOMCメンバーの発言まとめ

1.イエレン議長

ブラウン大学で講演がありましたが、金融政策や経済見通しに関する発言はありませんでした。

2.フィッシャー副議長

スタンフォード大学で講演がありましたが、金融政策や経済見通しに関する発言はありませんでした。一方で、下記の発言がありました。
・政策規定は考慮するが、機械的に従うことはない
・時には想定外の事態に直面することもある
・経済の現場を日々見極めている地区連銀総裁らの意見を取り入れることが重要だ

3.エバンス・シカゴ連銀総裁

下記の発言がありました。
・FEDのバランスシートは非常に大きく、縮小される
・大きいバランスシートはFEDの政策にとって圧力
・インフレ目標の達成は極めて重要
・経済のファンダメンタルズは良好

4.ローゼングレン・ボストン連銀総裁

下記の発言がありました。
・将来はもっと頻繁にゼロ金利になる
・インフレ期待はしっかりと抑制

5.ブラード・セントルイス連銀総裁

下記の発言がありました。
・今年あと1回の利上げに反対せず
・バランスシートの縮小を望む
・現在のFF金利水準は妥当

6.ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁

下記の発言がありました。
・我々はいずれバラスシートを正常化するだろう
・我々はインフレターゲットと完全雇用に近づいた
・インフレは2%目標間近、達成すべきだ
・今年は2回か3回の利上げを予想
・この日の雇用統計のデータはトレンド上回る雇用の伸びと一致
・雇用の伸びは18万人増近くのペースが必要
・失業率が上昇するリスクは不確実

出典:各種ニュースサイト


FRB・FOMCの関連記事

重要イベント・発言まとめの関連記事

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月6日