市場は利上げをほぼ織り込む、FOMCメンバーの発言まとめ

投稿日:2017年6月2日 カテゴリー:FRB・FOMC, 重要イベント・発言まとめ

本日、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル理事が、「経済がほぼ想定通りに進展すれば、緩やかな利上げを続けることが適切」と発言したことや、ADP雇用統計が予想を大きく上回ったことにより、CME FedWatchが算出する米国利上げ確率は95.8%までに上昇しています。なお、前日は92%、1週間前は87%でした。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年6月2日

(続) FOMC連銀総裁の発言、バランスシート縮小と利上げ

投稿日:2017年5月14日 カテゴリー:FRB・FOMC

前回記事(FOMC連銀総裁の発言、年内3回利上げへ)に続き、FOMCメンバーである連銀総裁のコメントを整理させていただきます。本記事で整理するFOMCメンバーは全員投票権を持っています。総じて、今年か来年にバランスシート縮小を開始すること、利上げは行っていくものの金融政策の引き締めに急いでいないことがアナウンスされました。経済成長については、みな回復基調であることを強調しています。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月14日

ドラギ総裁の議会証言と欧州株への資金シフト

投稿日:2017年5月10日 カテゴリー:ECB, 重要イベント・発言まとめ

オランダにてECBドラギ総裁の議会証言があり、ECBドラギ総裁の欧州経済に対する現状の見方が改めて示されました。要約すると、「ユーロ圏の景気は回復してきているとしながらも、まだ確実なものではないので、QEの出口をまだ考えるべき時期に至っていない。」とのことでした。一方で、超緩和策の政策メッセージを変更する考えを明らかにしました。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月10日

FOMC連銀総裁の発言、年内3回利上げへ

投稿日:2017年5月10日 カテゴリー:FRB・FOMC, 重要イベント・発言まとめ

前回記事(FOMCメンバーの発言、バランスシート縮小へ)に続き、FOMCメンバーである連銀総裁のコメントが出てきていますので、その整理をさせていただきます。5月のFOMC声明文では明らかでなかったFOMCメンバーの見方や考え方に注目です。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月10日

フランス大統領選挙はマクロン氏勝利、為替初動は限定的

投稿日:2017年5月8日 カテゴリー:政治・選挙, 重要イベント・発言まとめ

フランス大統領選挙は、親EC、親グローバリズムのマクロン氏が65.1%を獲得し、当選を確実にしました。英国国民投票や米国大統領選挙では期待を裏切られた世論調査ですが、今回のフランス大統領選挙では世論調査どおりの結果になりました。マクロン候補は39歳、史上最年少の大統領となります。

日本時間午前4時にオセアニア市場の為替相場がスタートしましたが、ショートカバーを巻き込みながら、ユーロが大きく上昇してスタートしました。一方で、その動きは限定的なものになっています。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月8日

FOMCメンバーの発言、バランスシート縮小へ

投稿日:2017年5月6日 カテゴリー:FRB・FOMC, 重要イベント・発言まとめ

前回のFOMC(連邦公開市場委員会)後はじめて、FOMCメンバーの発言などが数多く発表されたので、整理したいと思います。5月の声明文では明らかではなかったバランスシート縮小に関する発言もありました。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月6日

FOMC声明文、第1四半期の経済成長の減速は一時的

投稿日:2017年5月4日 カテゴリー:FRB・FOMC, 重要イベント・発言まとめ

2017年5月3日、FRB(米連邦準備理事会)がFOMC(米連邦公開市場委員会)の声明文を発表しました。市場の予想通り、フェデラルファンドレートの目標範囲は0.75%-1.00%と据え置きとなりましたが、声明文の内容は利上げに楽観的なものとなり、予定通り6月に利上げされるであろうという見方が強まりました。金利先物市場は利上げを78.5%織り込んでいる状況です。 続きを読む

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月4日
1 / 11