アップル2Q決算、iPhone販売台数伸び悩む

投稿日:2017年5月5日 カテゴリー:個別企業、業界まとめ

2017年5月2日、アップルが2Qの決算を発表しました。売上高は5.2兆円、売上総利益は2兆円、営業利益は1.4兆円、純利益は1.1兆円でした。iPhoneの販売台数減少が響き、結果として、決算の内容は市場予想に届きませんでした。そして、株価は一時的に急落しました。

プロダクト別売上高

プロダクト別売上高出典:Apple 10-Q(計算簡易化の為、1ドル=100円で計算)

iPhoneおよびiPadの販売台数は前期比で減少でした。iPhoneは販売単価の上昇により売上高は前期比増となっていますが、iPadに関しては、売上高も大きく減少しています。
Macの販売台数は前期比3%増でした。2016年に発表したモデルが好調なのでしょうか。

地域別売上高

地域別売上高出典:Apple 10-Q(計算簡易化の為、1ドル=100円で計算)

アメリカ大陸と欧州では10%程度売上高が伸張しています。日本は4%増、その他地域では20%増です。今回、合計の売上高が微増に留まったのは、中国での売上高減少が原因です。中国は15%程度減少しています。今後の決算では、中国での販売台数に注目です。

粗利率の推移

粗利率は、38.9%(前年同期は39.4%)でした。また、2017年第3四半期は37.5%から38.5%になるとしています。ドル高の影響や部品コストの増加により、粗利率は低下していく予測をしているようです。にしても、粗利率が高いです・・・。


個別企業、業界まとめの関連記事

米国株投資の勉強ブログ | 2017年5月5日